MENU

大阪市鶴見区の痛みと痩身は波鍼灸整体院

ひざの痛みの取り方(半月板の歪み)

2016年10月8日

g8fNrmfqcFcXMCW1475934033_1475934085.jpg 

膝の痛みで来院された患者さん、痛みと膝を曲げるときに痛いという症状の施術の2回目で、前回よりも膝が曲がりやすくなったと、いっていただいたので
どのような施術で、膝が曲がりやすくなったのか?ということを紹介します。

ひざの痛みの取り方

薬をのんでも効果が持続しない、ひざの痛み。何年もつづくひざの痛みには原因があります。体の歪みや筋肉バランス、半月板のズレなど沢山の原因があり、一つの原因だけで痛みがでているとは限らないので、痛みを出している原因をしっかり見極めてから施術をおこないます。

体がゆがむ原因

Wi6900Mc_bJc40V1475934874_1475934891.jpg (図1)

図1は、左側の腹直筋が硬くなっていました。このことから体(とくに腰)の歪みの原因を考えていきます。
痛みのほかの症状が便秘とコレステロールの数値が高いということに関係して腹診(ふくしん)というお腹のチェック法で左の腹直筋(ふくちょくきん)がかなり緊張していました。
体の歪みで筋肉が固くなりますが、腰の歪みがお腹の筋肉まで硬くしている例を僕はしりません。なので、内臓や血流、リンパの流れの状態の現れと考えました。
便秘の時は、「便の形」をした塊を大腸がある場所で感じることができます。脈診(みゃくしん)で、内臓などの動きもチェックして判断しています。

この他の体を歪める原因

コレステロールは、肝臓から胆汁として上がれてコレステロールを回収するなど色々な働きがありますが、患者さんは痩せていて運動もしていらっしゃるんですけれど
食べ物の摂り過ぎでコレステロールの値は高くなっえいるとは考えにくいです。
このことから、体のコレステロールに関係した代謝の不調が考えられました。それは、右膝の外側に、胆嚢(たんのう)の反応が現れる場所があるので、そこのチェックもおこない判断しました。

 

健康状態のチェック

便秘にも便を作れない(お腹の右側に反応がでます)場合と、便を送り出せていない便秘(主にお腹の左側に反応がでます)、
骨盤内の直腸の反応が悪い場合などそれぞれのタイプに応じた体の反応があるのです。

あと、小腸・大腸から栄養分を含んだ血液を肝臓に送るのですが、そのライン上が張っているのも確認できましたので、お腹の中の圧力
を腹圧(ふくあつ)といいますが、左右で腹圧(ふくあつ)が違い肝臓は右にあるので、右のお腹の圧力が高くなっているので
左に体を傾けることが楽になるので、腰で側弯(そくわん)が起きた原因の一つではないかという仮設をたててから施術をおこないました。

動画 ひざの痛みの取り方

体の全体の筋肉バランスをチェック

患者さんは、腰が側弯(そくわん)といって横方向にまがっています。そのえいきょうで骨盤も傾き脚のながさが左右で違っているので短い方の脚に体重がかかるようになります。

体全体のつがみのチェックをおこない、上半身と下半身、右半身と左半身とくらべ、体重がどこに乗っているのか、体の癖も同時にチェックしています。

脚の筋肉が硬くなる原因とバランスチェック

脚の筋肉バランスのチェックをおこないます。ひざが曲げにくい原因のひとつに筋肉が硬くなったことで曲げにくくなる場合があります。ひざ裏が硬ければ伸ばしにくく、太ももの前が硬ければ、曲げにくくなることもあるのです。この他に足首が硬いと下肢全体の筋肉がかたくなるので、筋肉と関節の動きを1つ1つチェックしています。

 

ひざの施術の方法

はじめに腰のよこへのゆがみを整えました。便秘やコレステロールの代謝に関係する場所に対して、手足のツボにはり刺激をおこないました。その結果腹部の緊張が和らいで腰と骨盤の歪みが70%程度足の長さが揃ってきました。このことから体を歪めていたのは、胃腸の働きの不調も関係していたと考えられます。

左右で違う脚の流さの整え方

脚の長さが左右で違ったまま長期間これを続けていると、関節がねじれてくるのです。その理由は、関節がはずれないように支えている靭帯(じんたい)がかたくなります。

直接緩めて調節して体を正しい位置にして、体をなじませてゆきます。
全体として、脚にかかる体重を左右同じにすることで、症状を軽くする、痛みを繰り返さないようにしています。

ひざの曲げ伸ばしの動きを楽にする方法

eTTXyczMDWpMqju1475934399_1475934442.jpg

 

ひざの曲げ伸ばしの動きを邪魔しているのは

1.ひざ関節のねじれ

2.体の歪み

3.半月板の位置異常

4.筋肉がかたくなっている

5.足首や股関節など他の関節の悪影響

6.事故や骨折でのギブス固定

7.老化

などが考えられますが、原因がどれであれ、体全体を整えてから最後に部分的な調整をおこなうことで施術効果をすこしでも長持ちさせるようにこだわっています。

 

まとめ

遠回りですが、体調を整えゆがみを調節した後、脚の表裏、内側と外側の筋肉バランスを整えて膝のねじれを整えました。
半月板が前の方に飛び出しているので、その状態で膝の曲げ伸ばしをおこなうと引っかかって痛みを出している影響で膝のおさらの動きも悪くなるのです。最後は、痛みがある部分、硬い部分に対して直接施術をおこないます。
正座まではできませんでしたが、膝が動く範囲の違いを実感していただけました。

編集後記

いままで、痛みに耐えてきた筋肉が、ぐっと硬くなっていた半月板が飛び出していることで、関節の軸がずれる。軸がずれているので、使い方も悪くなって痛みを出し続けるので、半月板やひざ関節のゆがみを整えない限りは、薬を飲んでも効果が長持ちしません。

ひざの施術をお考えのあなたへ

当院の施術のこだわりは、部分的な痛みはもちろん、体全体のゆがみや体調も整えてこそ、ひざの痛みが楽になるという施術方針です。
このようなこだわりがあなたの健康や痛みが早く楽になる助けになればと思っています。

ひざの痛みに限らす、施術が必要な場合はこちらのページをご覧になってください。

 

 

この記事の関連記事

  急に転ぶようになった高齢の患者さん   前回から1週間後の状態を教えていただきました。     「あれから転ばなくなりました」 と、身体の変化を喜んでいただきました。   こうい声が一番嬉です。   前回は胃の調子が悪く

  子宮頸がんワクチンの副作用でしんどい思いをしてきて 仕事は始めるほど元気になられた高原那奈さんにお話をお伺いしました。   どのような病気でもそうですが、 本人はもちろん家族の負担も大きくなります。   高原さんの症状は、朝方

youtube動画  膝の水を抜くセルフケア https://youtu.be/HdcevClwMmw   を観て初めて来院された患者さんの、   膝に水が溜まっているのか確認と 痛みの原因と施術法を説明しているところを 了解を得て動


痩身マッサージが本当にかわるのか?と、ご不安なら、

3,000円初回お試しプラン

をお申し込みください。

 

はい、波鍼灸整体院です、と出ますので 「ホームページのお試しの予約をお願いします」とお伝えください。
施術に集中しているときは留守電にメッセージをどうぞ。

06-7493-4428


インターネットからもお問い合わせできます。

お問い合わせ

アーカイブ

2017

最新記事

こんにちは

お知らせ

13162099_1712402662336637_1675920722_n.jpg 

セルフケアにも使えるDVD「生理痛改善バイブル」リリースされました

サイトカテゴリー

会社情報

所在地:大阪市鶴見区放出東3-31-39


© 2017 波鍼灸整体院 All rights reserved.