MENU

大阪市鶴見区で検査で異常がないのに辛い症状・ストレスによる顔の歪みは波鍼灸整体院

ぎっくり腰になった時の対処法

2016年8月29日

aw0vMW4XJ_2Ra9Y1472480115_1472480135.jpg

 

 

ぎっくり腰になった時の対処法をお伝えします

温めたらよいのか?冷やすのがよいのか?我慢しようか病院に行こうか整体がいいのか鍼がいいのか迷っています。
整骨院で電気を通せば少し楽になるのですがそれでは治らないと思うし、、、どうしたらいいんでしょうか?

はい。一番初めにすることは、安静にすることを考えてください。
ぎっくり腰になったら早く治るためにもどのような時に冷やせばよいのか、動かせばよいのか正しい対処法をお伝えします。

 

 

外出中はぎっくり腰になる前?と感じたら動かない

 買い物を持っていても仕事の途中でも、おかしいなと感じたら動かないでください。

痛みがおさまったら静かに物を持っていれば降ろして、ゆっくりと何かに掴まれるなら腰への負担を減らすために捕まってください。

もし、お子さんを抱き上げる時なら落とさないように自分の身体に近づけると腰への負担が少なくなるのでその格好で痛みが落ち着くまで我慢してください。

 自転車で外出中なら乗って帰るのも危ないので、お店でタクシーを手配してもらうなど、どのようにすれば安静になれるかを優先させてください。
自転車で移動できる距離なら、タクシ代もさほど高くなりません。
もったいない気がしないでもないですが、ぎっくり腰で買ったものと、お子供さんを自転車に載せて運転して転倒してしまった時のケガと出費を考えれば高くは無いと思います。

 

自宅でぎっくり腰になった時の対処法

 自宅なら、横になる前に家族に連絡を入れておく。トイレに行けるならトイレを済ませておく。それから横になる、理由は、痛みの程度によっては、起き上がるのが大変だからです。
 かかりつけの病院や鍼灸院、整体院があれば往診に来てくれるか電話をする。
寝てみないと、わからないので痛くても最低限できることはしておいた方が良いでしょう。玄関の鍵を持つ家族がスグに帰れない状況なら最後の手段として救急車も視野にいれておく。

 大阪市では、救急車で搬送先を選べるので病院でなくても鍼灸院でも搬送は可能だと聞いたことがあります。もしもの時は、現場で隊員に聞いてください。
 

温めたらよいのか?冷やすのがよいのか?

 痛んでから3日までは、冷やしても構いません。シップは30分もすれば逆に体温を逃さないので温めてしまうので30分ほどで交換できるなら冷やしてもいいでしょう。
 張り替えのたびに腰を動かして、痛みが悪化するかもしれないので、横向きで寝るのもいいし、コルセットを巻くのもいいですね。
コルセットの脱着の度に腰に力が入るので、当院では冷やすことよりも安静を奨励しています。

 

痛み止めを飲んでもいいですか?

 はい、手元に医師が処方したり相談して服用している痛み止めがあれば飲んでも大丈夫です。効果がでるまでは、しばらくかかるのでそれまでは安静にしてください。
 初めてぎっくり腰になってしまった方は薬を飲めば痛みが、0になることは経験上まれなので、薬の効果は痛みがやわらいで動けるようになるために服用し薬で痛みが止まれば、軽度のぎっくり腰だったという認識で結構かと思います。

 

我慢しようか病院に行こうか整体がいいのか鍼がいいのか迷っています

 我慢は止めてください。1日我慢すれば2日痛む期間が伸びるといわれているので様子をみるなら72時間以内に何らかの処置をしてもらってください。
 72時間で、細胞の再生がはじまるので、痛みを残したままだと疼いたり慢性的な痛みが残りやすくなるので最初に、病院に行って腰椎にヘルニアやすべりり症、分離症がないかチェックしてもらうのも1つの方法です。

ぎっくり腰の原因

 ぎっくり腰とは急に腰に痛みが起こること全てを指している言葉なので、ぎっくり腰の原因も腰痛とおなじになります。
急に姿勢を変えたときや動作自体が引き起こすこともあります。

 

そもそも腰痛はどうしておこる?

1. 腰の筋肉とそれを覆う筋膜性の痛み
2. 脊髄神経に関係する痛み
3. 内臓の病気からの痛み
4. 心因性と言われる痛み

 

痛みが激しい腰痛の原因とは

 筋肉や筋膜の痛みは、筋疲労にも関係あります。デスクワークや肉体労働ともにおこります。
家事や子育ても含め、座ることが多い人に増えています。

 

脊髄神経に関係する痛みとは

 椎間板ヘルニア、脊椎すべり症、分離症、脊椎管狭窄症など、脊髄に異常があり、神経系の痛みが出ます。
アメリカの研究では40歳~50歳の男性に、椎間板ヘルニアが多いといわれているので年齢も関係しますね。


内臓の病気からの腰痛

 ぎっくり腰のように動かなくなるものは少ないと思います。いどちらかと云えば、腰に痛みを感じるといった方が良いかもしれません。
特徴は、じっとしていても痛むのです。

 

心因性の腰痛

 心因性の腰痛は原因もなし、検査でも異常が無いのが特徴です。
数値化できない何かがあるんだとは考えていますがギックリ腰とは、明らかに痛みの質が違いますね。

ぎっくり腰をおこす動作を特定しました

 筋肉疲労から姿勢を変えたときに支えられなくなるとき腰椎椎間板ヘルニアなどが悪化したときに起こりやすいのですが、痛みを出す動作を突き止めました。

 例えば、右に身体を動かすとき、左脚に体重が残っているときに、上半身の重みを支えきれずに腰に激しい痛みを引き起こします。左に動かす時は、右脚に体重が残っている時です。

 

ぎっくり腰になったら動いたかいいのか、安静がよいのか?

 腰に強い痛みを引き起こす直接的な原因を考えれば、安静にするのが一番だということがお分かりになうと思います。
ただ、ぎっくり腰は急に起こる腰痛と診る人は、筋肉性の腰痛で痛みの程度が軽ければ動いたほうがいいと言われます。
 結局はどっちがいいのということですが、ズキズキ脈を打つような痛みであれば安静にしてください。
脚に痛みやシビレが走るときも安静にして、ゆっくり少しづつ前かがみや腰をそらして痛みがないようなら、痛みを起こさない範囲で動かしてもよいと思いますが、痛みが悪化してきたらスグに動きを止めてください。

 

ギックり腰を悪化させること

 痛いからといって自分でグリグリ押したり、ツボ押しの棒などで押さえると痛みが残りやすくなります。
自分では、触らないようにしてください。どうしてもという時は、手のひらで全体を軽く押さえて安定させるか軽くさすってください。後ろに手を回して痛みが出ればやめてくださいね。
 自分で腰を捻って矯正をすると、ぎっくり腰の場合悪化させることがあります。腰の疲れ程度ならひねってもいいのですが、いつもと違う強い痛みだと感じた時は安静にしてください。
腰への指圧・マッサージはやめたほうが良いと言うのは、腰の筋肉バランスかヘルニアなどの可能性があるのに、腰を背中から前に押されると痛みが増大することがほとんどです。
 ぎっくり腰の経験が無い方は、重症の場合うつ伏せになれないのでマッサージや指圧店も困ると思いますよ。
その日の飲酒は止めてください。鍼灸をされる方は、酒の回りが早くなるし、脈打つようなぎっくり腰の場合悪化させるでしょう。
入浴は夏場なら、汗を流す程度、洗髪を我慢できないい時は、たったままで洗髪してください。

 

ぎっくり腰から腰椎椎間板ヘルニアを防ぐ方法

 

 

まとめ


・ぎっくり腰は、急に起こった腰痛なので安静が基本です。

・コルセットはスポーツ用があれば可、保温用のような柔らかいものは避けて
・腰椎ヘルニアの診断を受けている人は、特に注意が必要です。
・ヘルニアや、脊椎分離症にならないためにも腰痛をしっかり予防していきましょう

この記事の関連記事

首から肩の痛みで次のような症状があればこの記事がお役に立ちます。 ・肩甲骨から首の付け根が痛くてたまらない。 ・腕がだるくて気分が落ち込む。・パソコン入力が続けられない。・検査をしてもどこも悪くない。・薬が切れると痛くて眠られない。

      顔のほてりと大量の汗 更年期障害?顔が熱くなって頭から汗が流れて来るのがつらい そんな悩みを抱えた50代女性のIさん。   自分のことを更年期障害と疑っていらっしゃいます。 僕は診断できません。   しかし脈診(みゃ

30日(日)台風接近のためお休みします。 28日(金)午後休診  29日(土)の午後はまだ予約に余裕があります。 計画的に来院ください。   10月1日(月)は平常通り10:00~20:00まで受け付け中です。   ご協力お願いし


最新記事

アーカイブ

2020

こんにちは

お知らせ

13162099_1712402662336637_1675920722_n.jpg 

セルフケアにも使えるDVD「生理痛改善バイブル」リリースされました

サイトカテゴリー

会社情報

所在地:大阪市鶴見区放出東3-31-39


© 2020 波鍼灸整体院 All rights reserved.