MENU

nqIG01VUED6TCTE1473076844_1473076857.jpg

 

 

 

こんにちは、梨本光久です。

オリンピックで接戦になった時や難しい技に挑戦しているのを観ていて気がつけば、力がはいり、首こりや肩がこっている時はありませんか?
選手の方がリラックスしているんじゃないかと思うときがあります。

自分では気がつかないけど、パソコン入力や画面を観ている時も固くなっているんだろうな。

この硬くなっている時間が長くなると、筋肉はこれが正しいと学習してしてしまうのです。
運動の練習して、できなかったことが何も考えなくてもできるようになるのは、筋肉や関節が動きを学習するからで、健康に良いことも悪いことも覚えてしまうんですね。

頭痛のなかの緊張性頭痛の原因

①身体的な原因と
②精神的な原因があります。

力こぶを作ると、盛り上がるように、緊張状態が続くとずっと筋肉が硬いままになり首や肩の筋肉が盛り上がったのが首こり・肩こりなので、こった場所には老廃物が溜まりやすく神経を刺激すると、締めつけられるような頭痛になると言われているのが身体的な原因。

精神的ストレスからの緊張も意識しない間に、身体が固くなることが多く見られます。精神の緊張が毎日のように続くと、身体的なストレスと精神的なストレスの両方で筋肉が緊張するので、最終的には、痛みをを繰り返すサイクルで合流しますが、

精神的、心的なストレス段階と、

痛みと緊張を繰り返す段階なのか


自分がどの段階なのかチェックできると正しい対処法がわかります。

 



身体的な負担を軽くしていかないと精神的なリラックスをしても一時的なものになるので、私の施術方針は先に身体的な緊張をときほぐしてから、脳の興奮を抑えリラックスさせる施術で、痛みのサイクルを繰り返す流れを断ち切るのです。

 

締め付けられる頭痛が楽になる施術がこちらです。

https://shin9in.com/

 

 


最新記事

アーカイブ

2020

こんにちは

お知らせ

13162099_1712402662336637_1675920722_n.jpg 

セルフケアにも使えるDVD「生理痛改善バイブル」リリースされました

サイトカテゴリー

会社情報

所在地:大阪市鶴見区放出東3-31-39


© 2020 波鍼灸整体院 All rights reserved.