笑うときだけ左右差ができるの次の3つの原因が考えられます。


1.顎の歪みからの場合
2.表情筋の筋肉バランスの場合
3.1と2の両方のケースがあります。

顎の歪みがあれば歪みを整えてから表情筋のケアをおこないます。
基本的には新しい癖を作ります。

笑ったときだけ片方の目が細くなる原因

笑ったときだけ片方の目が細くなるのは、まぶたを細める癖がある場合と頬があがり目を細める場合、その両方の原因で細くなる場合が考えられます。

まぶたを細める癖がある場合

額や眉をさわったまま笑って動く場所を優しくマッサージしてほぐします。
強くしたら早くかわる?と思っている方もいますが強くおしても変化の速さに関係ありません。

人によっては、たるみの原因にもなりまねないので痛みのない範囲で軽くマッサージしてください。

笑うときだけ頬が大きくなる場合の対処法

笑うときだけ頬が大きくなるのは、片方の口角を上げる癖がある場合がほとんどです。

片方の口角を上げて頬に力が入ると頬が上がります。この動きが強いと目を細めることに つながることが多いです。

頬のの筋肉だけに力が入っても盛り上がる方がつよくどちらかと言えば大きさに影響するようです。

一番簡単なのは、左右差が出ない範囲で笑う癖を練習する。
片方の口角を上げる癖がある人は、口角を左右同じように上げてください。

口角の上げ方

1.唇全体を前歯に押し付けます。
2.そのまま唇を軽く開く(口角を左右に広げる)
3.鼻の下と唇全体を上げる。
4.最後に、この状態のまま口角を上げる。

口角を上げるのが苦手な人がいきなり全行程はできないでしょう。
3をおこなうとき指を添えて動きを助けます。

筋肉は動きを覚えると自動で再現します。
新しい癖を作ることを意識してください。

笑うときだけ口角が上がる場合もこの運動をおこなってください。

動画で解説

まとめ

笑うときだけ口角・頬・目の左右差ができるのは使い方の癖と顎の歪みがほとんどです。
マッサージで大きさを整えるのではなく使い方を変えることで対処します。

動きにくい筋肉をほぐして動きやすくする。
筋肉ボリュームをちいさくする。
ことしかマッサージではできません。
運動を合わせておこなうことで左右差を整えやすくなります。

施術は下記フォームにお悩みを書いてお申し込みください