全身性の症状。代表的な症状は以下の6つ。

元気がない声に力がない
精神疲労顔がいつもより白くむくむ
脱力めまい
疲れやすい食が細くなる

なぜおこるのか伝統医学的原因

伝統医学的気虚の原因は食事の質と過労や病・老化などで起こります。

  • 気を作り出せない
  • 供給がうまくいかない
  • ひどく消耗したとき

西洋医学的解釈

基本的には機能低下を指します。

以下の5つの働きの機能が低下するとされています。

推動(すいどう)作用人体の生理的機能、代謝促進
温煦(おんく)作用エネルギー代謝
循環による体温調節、恒常性の維持
防御作用免疫機能
気化(きか)作用物質の転化
食べたものを栄養物質や身体の構成要素に変える
固摂(こせつ)作用汗・尿・精液など適量に調整
血液が血管外に漏れださないように調整

臓腑にまで影響がでると

臓腑の機能(働き)まで減退するとき症状として感じやすくなります。

心気虚(しんききょ)

分類名症状
心気虚動悸・胸苦しい・息切れ
不安感
暑くないのに汗が出る・顔が白くむくむ

西洋医学的には、心臓の駆血機能や高次神経系の機能低下の症候。

肺気虚(はいききょ)

分類名症状
肺気虚息切れ・咳・痰(透明)
少し動くと汗が出る
しゃべるのが億劫・顔色がむくんでいつもより白い

西洋医学的には汗腺や呼吸器系の機能低下の症候。

腎気虚(じんききょ)

腎気虚(じんききょ)は、固摂(こせつ)失調と腎不納気(じんふのうき)の2つで臨床では単なる気虚と扱いません。

分類名症状
固摂(こせつ)失調腰や膝がだるく力が入らない
頻尿(すんだ尿が頻繁に尿量も多くなる)
いつまでもだらだら尿が出る
腎不納気(じんふのうき)息が浅い
息切れ、吐気が多く吸気が少なくなる
手足が冷たい。

脾気虚(ひききょ)

分類名症状
脾気虚飲食量が減る・食後お腹が張る
倦怠無力
むくみやすい・尿量が少ない
便~水溶性便
味がない

西洋医学的には消化器系の機能低下の症候

参考文献
中医処方解説 医歯薬出版社 山本巌・伊藤良 監修
中医針灸学の治方と処方 東洋学術出版社 邱茂良, 孔昭遐, 邱仙霊 編著
中医病因病機学 東洋学術出版社 宋 鷺冰 著

鍼灸