顔の歪みを自撮りで確認していますか?鏡で確認していますか?
自撮りの利点は記録に残しやすいことですが、レンズによっては顔を歪ませてしまします。

どちらも正面からの歪みチェックには良いのですが顔は立体で、表情の左右差も確認して欲しいのです。そこで、効率的に歪みを立体的に確認する方法を紹介します。

顔の上下で見つける方法

鏡を手に持ってください。顔と首を動かさないで鏡を、ゆっくり上にあげます。

鏡では上から頬や額の左右差を観ることができます。頬や口元、顎の左右差がよく分かります。またこのまま、口を動かせば顔の癖が分かります。

顔の歪みの見つけ方を動画で解説

顔の歪みの見つけ方まとめ

実際の歪みは鏡で確認する方が正確にわかります。ただし、歪みケアを続けていくうえで顔の変化を記録したほうが絶対に良いので鏡でチェックして自撮りで記録するのが良いと思います。

施術は下記フォームに悩みを書き込んでご予約ください