顔の歪みはクセで歪みます。このページでは癖の本質と軽減法が学べます。

  • そのクセはどうしてできるのか?
  • 身体の中で何が起きているのか
  • ストレスを軽減する方法

見えるクセと見えないクセで分類

自分の顔クセは気が付きませんが下の分類で注意できるようになります。

見えるクセ見えないクセ
仕事・趣味体内ストレス
頬づえ
噛み癖
対人ストレス
環境ストレス
横向きで寝る
一時的持続的 毎日・毎時間

見えないクセとは

それは、意識できない身体の苦しさです。

掃除機がつまったときのように全身の血管に負担がかかり苦しいのです。

見えないクセは胃腸や臓器などのストレス

食べ過ぎや夜遅く脂っこいものを食べると胃腸に負担がかかります。

負担とは、腸壁周囲に脂が多くなり次の5つの状態になりやすいと予想できます。

1.営養吸収の邪魔
2.栄養の質の低下
3.腸での炎症反応
4.内臓脂肪が多いとさらに血流を妨げる
5.肌のトラブル。(ニキビや吹き出物)

無自覚でも全身の負担になる

腸の次は肝臓→心臓→全身へ血液を送ります。

つまり、少しづつ負担になり意識できない全身のストレスです。

無自覚でも苦しいので表情は変わらなくても緊張しています。

身体のストレスを減らすには

趾のグーパ運動、足首を反らすなどの運動でストレスを減らします。

ストレッチ動画でみるストレス解消法

顔を歪ませる根本原因のまとめ

意識できる癖と意識できないストレスがあります。

無意識でも負担は毎日持続します。

苦しくなれば表情を変えます。

予防には、足趾などをストレッチします。