約30年前、整骨院での研修中や柔整専門学校できいた危険を伴う整え方を紹介します。


当院では危険をさけ安全・安心はもちろん、効果的な技術で顎関節矯正をおこなっています。

雑な顎関節矯正法

柔整専門学校で講師の個人的な臨床例として教わった内容です。
「教科書的な内容ではないこと」と前置きして教えていただきました。

患者さんは枕を使い仰向け


世間話などでリラックスしたのを確認して

枕を蹴る

頭がまくらから落ちた振動で、脱臼していた顎関節は、正常な位置に戻る。3例実践して全て成功されたそうです。

白目・痙攣覚悟の顎関節脱臼矯正法

患者さんは座って顔を上に向けます。
助手は頭を支え動かなくします。

親指を患者さんの下奥歯におき
1.脚元に押す。⇒関節広がる
2.下あごを喉の方に押す。

結果、失神したのち痙攣

いくら効果があってもこれらの方法は
今はお蔵入りしています。

動画で解説

まとめ

意表をつき雑な顎関節矯正法。
ほぼ全員失神して白目をむく顎関節矯正法。
効果があってケガのリスクがある。

安全で効果が高い寝ころんだままで口の外から顎を矯正する方法があります。

それを元にセルフケアで対応できる形で施術をおこないます。
youtube動画では一般公開しています。参考になさってください。

施術が必要だとおもったら